メーカー直営だから安心。株式会社シー・シー・ピー 生活家電 公式オンラインショップ 生活おたすけ隊です。

【特典付き】真空パック器 BJ-V87-PR

販売価格:9,980円(税込)

販売価格は税込み表記です。


当ショップでは、特にご指定がない場合、エコ梱包(エアパッキンによる簡易包装)で発送いたします。通常梱包(段ボール箱で包装)をご希望の場合は、備考欄にその旨をご記載ください。



静かでスピーディ!おうちで簡単に”真空パック”
たくさん買って、たくさん作って、美味しく保存!
食品ロス対策にもなります。

★公式ショップ限定特典 専用抗菌ロール袋4本×専用抗菌袋10枚をプレゼント★
※特典のパッケージは旧モデル画像が掲載されていますが、本商品でもご商可能です。


とっても便利な真空パックのココがスゴイ!
■強力な脱気力でスピーディーに真空パックができあがります。
■パワフルな脱気力でありながら、脱気音はとっても静かなので時間を気にせずにご利用頂けます。
■真空パックして保存をすると、酸化、腐敗を抑えて食材の鮮度を長持ちさせることができます。
■まとめ買いした食品を冷凍保存し、使いたい分だけ解凍できるので食品の無駄が省けます。
■空気をしっかり抜いて真空状態にするので、冷凍保存のお悩み「冷凍焼け」を抑えることができるので、食材の旨味を逃さずに保存ができます。
■真空パックした食品はパックごと湯煎調理ができますので、おかずやカット野菜を真空パックして作りおきしておけば、忙しい毎日の食事作りの時短にもつながります。(パックの袋の口を必ず開けておいてください)
■空気を抜いて圧縮して保存ができるので、庫内もスッキリ収納ができます。
■しっかり密封するので、液漏れやにおい移りの心配がありません。
■専用抗菌ロール袋を使用すれば、お好みの名g差にカットができるロールカッター付きです。


★付属の専用抗菌袋で真空パックすることにより、菌の増殖を抑え鮮度が長持ちします★
専用抗菌ロール袋、食品用ラップフィルム、ジッパー付き食品保存袋で1か月保存後、真空パックした食品はの菌の増殖が確認できませんでした。(第3社機関での調査結果)

★使い方はとっても簡単!★
\賤儿涯櫂蹇璽訛泙鬟札奪
∨楝両絅バーをロック
真空ボタンを押すと自動で空気を抜いて、できあがり!

★別売りの袋もご用意しています★

■商品スペック
電源:AC100V 50−60Hz
消費電力:90W
真空脱気力:最大600mmHg
シール可能幅:最大300mm
外形寸法:幅390×奥行160×高さ105mm
重量:2.0kg
電源コードの長さ:約1.5m
安全装置:電流ヒューズ、温度ヒューズ、真空センサー
シール用熱戦の温度:110〜150℃



<バイト店員・小太郎の徹底レビュー>


こんにちは、バイト店員の小太郎です。
今回は、料理好きにおすすめ、真空パック機の使用レビューをお届けします。

真空パック機といえば、「食材の小分け保存」と思っているそこのあなた。私も、以前はそう思っていました。
しかし!ご期待ください。この商品の真価は保存だけじゃありません。あっと驚く使いこなしテクがあるんです。それではレビュー開始!


わたくし小太郎は趣味で筋トレを楽しんでおりますが、筋トレと切っても切り離せないのが、鶏のささ身。そしてささ身と切っても切り離せないのが、



はい、ジャンボパックでございます。100g60円を切っております。
筋トレ愛好家だけでなく、食べ盛りのお子さんがいるファミリー層にも、週末のまとめ買い派にも大人気のこのジャンボパック。でも、さすがに一度に全部食べきるのはちょっと大変ですよね。
ということで、真空パック機の出番でございます↓



小袋に食材を入れて機械にセットしたら、あとはボタンを押して真空&密封を待つだけ。15秒ほどでパック完了です。
操作はとても簡単ですが、上蓋をぎゅっと押し込むときに力がいるので、慣れるまではご注意ください。


さて、ここからが真空パック機の真骨頂。
普通に食材を小分けにするだけでも良いのですが、やっぱり食事って美味しく食べたいじゃないですか。
そこで小太郎家では、下味を付けてからパックして、冷凍します。
はい、「下味冷凍」でございます。



味付けは
プレーン味(塩少々+砂糖少々)
ピリ辛味噌味(味噌+唐辛子少々)
ハーブ味(オレガノ+バジル+オリーブオイル)
梅味(ゆかり)

全部で7袋、完成でございます。

ちなみに、ささ身は1本約50グラム、1本あたりのタンパク質は約10グラム、カロリーは40キロカロリーですので、3本セットでタンパク質30グラム、120キロカロリーという計算になります。
たいへんにヘルシー♪オイシー♪でございます。


※イメージ


そして、このように下味&密封したお肉をどう料理するかというと…



はい、そのまま湯煎でございます。
食材が平べったいので、フライパンを使用しております。
とくにささみは、中が半生だと美味しいですので、凍ったまま投入しても全く問題ありません。
※写真ではうまく写っていませんが、綴じた方の口を上にして茹でてください

茹でること1分…



完成でございまーす。

フライパンも汚れないので、そのまま水気を取って、しまうだけ。楽ちんでございます。

そして、真空パック・下味冷凍・湯煎調理の最大のポイント、
それは






おいしい♪







ウソじゃありません。ウソだと思ったらぜひ試してみていただきたいです。
茹でたささ身との最大の違いは「水っぽくない」こと。
しっとりと柔らかいお肉の中に、肉と調味料の旨味がしっかりと逃げずに閉じ込められて。茹でた肉とは全く別物の美味しさが広がります。


※イメージ

そうです。真空パック・下味冷凍・湯煎調理の最大のポイントは、「料理がもっとおいしくなる」ことにあったのです。





「いやいやいや。下味冷凍するだけだったらジッ○ロックでも十分でしょ」


※イメージ

と、お考えのそこのあなた。私も、以前はそう思っていました。
でも、小さな違いが大違いなんです。

ジッ○ロックを使うと、まず、空気を抜くのが意外と難しい。片手で具材を押し付けて空気を逃がしながら、もう片手を駆使してジップをする。
あっ!空気が入っちゃった。。
これの繰り返しに悩まされたのは私だけではないはず。

ネットで話題の「ボウルに水をためて脱気」テクを使っても、やっぱり空気は残ります。
いっぽう、真空パック機は安定のガチガチ脱気をしてくれます。この差はでかい。
(見てください!ためしにTシャツでやってみましたが、このとおり!笑)



そして、空気が入ったままのジッ○ロックで湯煎調理をすると、空気が残った箇所は熱の通りが悪いため、加熱にムラができちゃうんですよ。
※空気というのは水の20倍も熱伝導率が悪いのです

これだけでも味が違ってくるので、料理というのは奥深いものです。

煮えればええやん、食えればええやんという方は、もうここまで到達していないと思うので、料理好きな方だけ相手にさせていただきますが、料理(とくに湯煎の低温調理)は加熱加減が命。しっかり具材にムラ無く適温で調理するためには、しっかり脱気するのが欠かせないポイントになるんです




ということで、この真空パック機は、まず
「食えればええやん、ビニール袋でええやん」派の方にはおすすめしません。

ですが、なによりお料理好きの方には、(保存鮮度の違いはもちろん、)「味の違い」を実感していただけるはずです。


もうおわかり頂けたと思います。
真空パック機は、保存器具でありながら、新しい調理の世界を開拓してくれる、調理器具なのです。

「脱気湯煎調理」のおいしさ、料理好きのあなたにこそ ぜひ堪能して頂きたいです。



Have fun!小太郎でした。




【特典付き】真空パック器 BJ-V87-PR

販売価格:9,980円(税込)

おすすめ商品